BROG

告知することが多すぎて長すぎるタイトルですが。
昨日、人生初の記者会見をしました。すたっぷさいぼうはありません!とか言ったわけでもなく、映画のマスコミ関係者様向け試写会をして、その後記者会見。

緊張してしゃべれない…なんて繊細なひとは誰もいなかったので、「俺にしゃべらせろ」「私にしゃべらせろ」と無言の圧力でマイクをとりあう記者会見になりました(笑)

新聞社、テレビ局、ラジオ関係者など、マスコミ関係者さまに取材していただきました。
6月にここで試写会をして以来、ひさびさに通して見たわけだけど、やっぱり自分の生み出した子(登場人物たち)は、可愛くてしょうがない。自分が書いた話だけども何度でも泣いちゃうよ。もちろん役者さんの熱演と、素敵な音楽と、映像のおかげなのだけども。

ぜひぜひ劇場に見に来てほしいです。

昨日は監督と主演の門谷さんがテレビにも出たので、少しは認知度が上がっていたらいいな。

試写会に来てくださった方、みんなよかったと言ってくれて、本当にうれしかった。できればたくさんの人に見てほしいのです。11/9の公開まで少しでも認知度を上げられるよう、草の根活動をしていきます。

大人も子供も楽しい映画です。ぜひ親子で!
----------------------------------------
そして明日は、インターネットラジオにゲスト出演したのが放送されます。ネットラジオなのだけど決まった時間にしか聞けないので、ぜひお聞き逃しなく!全国で聞けますよ!
映画のことや小説のことなど、ノンストップ・ノー編集で楽しくお話しています!

fm GIG マゴちゃんのツナガリっちょラジオ

10/19(金)寒竹泉美 出演

毎週金曜日 12:30〜13:00

http://www.fm-gig.net/smf/

再放送 25:30〜26:00

http://www.fm-gig.net/smf/side-b.html

スマホ.PCで 日本全国・世界中どこでもお聴きになれます!


イベントの広報って大変だけど、でもそれを理由にして自分の活動を知ってもらえるきっかけになったり、いろんな人とつながりが増えたりするから、たぶん、わたしにとって、いいことだと思う。

映画「京都メロウ~金魚のこいびと~」よろしくお願いします! イオンシネマ京都桂川は新しくて大きくて素敵な映画館です。正式な上映時間が決まるのは1週間前とかになるそうですが、11/9から上映開始は決定です。

告知することが多くて書ききれない…


年に3回発行される日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)さんの会報誌に小説「ちょうどよいふたり」(noteでも読めます)を連載しているご縁で、JRECさん主催のセミナーの講師をさせていただくことになりました。

大阪のOBPアカデミアで行った脳の講座をもとに3時間のセミナーを行います。脳の仕組みや神経がどうやって情報を伝えているかをわかりやすく解説します。

現役の研究者を離れてもう10年以上たっているし、医学博士だけど医師ではないので病気を診たりはできないのだけど、細胞や脳がどういう仕組みで動いているかを知っていると、それだけでいろいろなことが腑に落ちてくる。

心=脳ではないけれども、脳や本能が大部分を支配している。それを知ることでうまくつきあっていくことができる。現役研究者でも医師でもないので、脳について何か語ることはずっと避けていたのだけれど、「わかりやすく伝える」理系ライターとして、役に立てることはあるのではないかなと思い、引き受けさせていただきました。

会員以外でも参加可能です。ぜひぜひお越しください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

【医学博士で小説家の講師が教える脳セミナー】

脳が働いているのは考えているときだけではありません。思考も感情も体の健康もすべて、脳の働きと密接に関係しています。脳の性質を理解すれば、自分ともっとうまくつきあっていくことができます。脳の変な癖を知れば、もっと自分の脳とつきあいやすくなります。
脳がそもそもどうやってできたのか、脳の中ではどのように情報が伝えられているのかなど、脳のしくみを知ってみませんか?
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・脳はどうやって記憶しているのか?
・感情は何のために存在しているのか?
・どうしてわかっているのに悪い習慣がやめられないのか?
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
などの、身近なトピックや、認知症のメカニズム、脳の構造や生理学、神経細胞の働きなど、ミクロからマクロまでを、7年間脳の研究をして博士号を取得し、現在は理系ライター兼小説家として活動している講師が、楽しくわかりやすく教えます。
関西での人気セミナーを、東京でも初開催です!

 参加費用 4,000円(JREC会員・受講生は3,000円) 

 日時 2018年11月17日(土)13:30~16:30

 会場 フォーラムエイト(東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル)

申し込み・詳細はこちら

今年の5月に「ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド」(髙山雅行・杉浦理砂 共著 幻冬舎)という、わたしがライターとして初めてお手伝いさせていただいた本が出版されました。

脳科学者の杉浦先生と脳トレーニングジム「ブレインフィットネス」を運営する高山社長の理論と大量の学術論文データを文章でわかりやすく伝えるお手伝いをしました。この本の製作を通じて最新の脳科学情報を知ることができました。これ読めば1冊で解決しますが!いきなり本はとっつきにくいという人は、講座を聞いてからだとさらに楽しく読めるかなと思います。

脳って知れば知るほど不思議で面白い。脳を知れば生きやすくなる。たくさんの人に伝えたい! でも、ブログや少し会って語るだけでは伝えきれない! というわけで3時間。ゆるかわイラストを使いながらしゃべりまくりますので、どうぞよろしくお願いします。

取材・執筆担当した記事が公開されました。京都大学防災研究所の山田 真澄 助教のインタビューです。

2011年「東北地方太平洋沖地震」で誤報が多かった緊急地震速報システムが、その後改善されて、新しくなったことを知っているひとはどのくらいいるのでしょうか。わたしは取材に行くまで知りませんでした。

従来のシステムにどんな課題があって、どこをどのように改善していったのか。新システムの土台となる手法を開発し、システムの実装に携わった京都大学防災研究所の山田真澄先生に話を伺ってきました。

わたしたちの暮らしに密接に関係している研究の世界、ぜひ、ちらりと覗いてみてください。

京都大学防災研究所 | 国立大学附置研究所・センター会議

2011年3月11日、東北から関東にかけて東日本一帯に甚大な被害をもたらした「東北地方太平洋沖地震」は、地震の観測・研究に携わる人たちにとっても、大きな危機感を掻き立てることにもなった。三陸沖を震源として発生したこの地震は、マグニチュード(Mw)9.0、最大震度7という強い揺れを記録しただけでなく、長期間にわたって強い余震を幾度も伴った。気象庁は緊急地震速報を発表し、強い揺れが来ることを事前に警告したが、その的中率は50%を下回り、誤報の多さが大きな問題になった。 この緊急地震速報システムが改善され、新システムが2016年に実装されている。従来のシステムのどこに課題があり、それをどう改善したのだろうか。新システムの土台となる手法を開発し、システムの実装に携わった京都大学防災研究所の山田真澄助教に話を伺った。緊急地震速報とは、気象庁が運用しているリアルタイム地震警報システムである。 地震が発生すると、最初に「P波(初期微動)」と呼ばれる小さな揺れが伝わり、「S波(主要動)」と呼ばれる大きな揺れが少し遅れてやってくる。緊急地震速報は、震源に近い観測点で検知されたP波から、地震の場所や規模を推定し、揺れの大きさを周辺の住民に知らせるシステムである。緊急地震速報は、予測される最大震度が5弱以上の場合に、テレビやラジオ、携帯電話などで一般市民に向けて発表される。 気象庁が、広く社会に向けて緊急地震速報の運用を開始したのは2007年10月のことだ。運用開始から「東北地方太平洋沖地震」が発生する2011年3月11日までの間には17回の発表があった。実際の震度と予測震度の誤差が2未満であるものを適切な発表とすると、この期間の緊急地震速報は約7割が適切であった。ところが、東北地方太平洋沖地震直後に各地で大量に余震が発生したときには、このシステムによる「誤報」が大きな問題になった。2011年3月11日から2ヶ月の間に発表された70回の緊急地震速報のうち、震度の誤差が2以上になったのは、実に6割を超える44回を数えた。 なぜそのようなことが起きたのか、山田助教はこう説明してくれた。 「実は当時のシステムでは、離れたところで同時に複数の地震が起こると、区別できずにひとつの大きな地震と認識してしまう欠点がありました。たとえば、2011年3月15日に新潟でマグニチュード6クラスの余震

shochou-kaigi.org

国立大学附置研究所・センター長会議のホームページでは、各分野の最先端の研究者インタビューを連載しており、取材・編集を理系ライター集団チーム・パスカルがお手伝いしています。他の記事もよかったらごらんください。


毎週木曜日の14:00-17:00にKBS京都で放送中の「女と男と木村のシャバダバ元気!!」の本日(10/4)放送のゲスト出演に行ってきます。生放送です。15:10~15:30ごろの出演です。よしもとのお笑いコンビ「女と男」のおふたりとアナウンサーの木村さんの3人のトークが飛び交うにぎやかで楽しい番組です。

ふおお…わたし、しゃべる隙間、あるのかな…と思いながら過去ラジオ聞いて「女と男」の漫才動画を見ていました。関西圏の方はもしよかったら聞いてみてください。聞き逃した人は、radikoでタイムフリーで1週間聞けます。

ここ最近はTL漫画のシナリオ執筆に追われています。1話書くのにかなり時間がかかるから…追われるというよりは沼にはまっている感じかもしれない。ずぶずぶ。

来週の週末は友人たちと台湾旅行に行こうと思っているので意地でもいろいろ終わらせねばならぬ。10月12~15日は台湾にいます。WiFiが使えるかどうかわからないので、連絡が遅くなります。ちなみにわたしの誕生日は10月14日なので、おめでとうメッセージの返信も遅くなります。フライングで11日に受けつけます(笑)誕生日に合わせて決めたわけではなく、毎週ある予備校の授業の休みがここしかなかったというか。

誕生日か。無事、生き延びられてめでたいです。

何か写真貼ろうかなと思って2017年の10月を振り返ってみたけれど、夏に台風で延期した幽宴2をして、そこで知り合った陸奥さんを案内人でAERAの記事を書いて、いま住んでいるこの部屋を見つけたのも10月で。日本酒のマドンナほっぺふき子さんと日本酒と物語のコラボ講座をOBPアカデミアで一緒にさせてもらって、その縁からOBPアカデミアで毎月講座をさせてもらっていて、ほっぺさんの縁で出演させてもらったラジオ「クリキャントーク」で知り合ったアカペラヴォーカルグループclearanceと今年ライブイベントすることになり(台風で中止になったけどリベンジしたい)。猫のモーちゃんの体調はあまり思わしくなかったけれどもまだまだモフモフ元気で。

1年前の1か月を振り返っただけで、1年前には知らなかった未来に今わたしはいるのだなあとしみじみした。1年後どうなってるか。カメラ買ったし、もっといろいろ撮ろう。そして撮られてもがっかりしない体型を取り戻す…!

〇最後にお知らせいくつか。

・10/8に大阪京橋のコワーキングスペースOBPアカデミアで小説講座します。詳細

・10/17の14:00から京都映画センター(京都市中京区二条通寺町東入榎木町87河二ビル8F)で「京都メロウ~金魚のこいびと~」マスコミ・映画関係者様向け試写会を行います。ぜひお越しください。プレスリリースも出しました

・10/19から原作担当TL漫画の新作がRentaから先行配信されます。「婚外カルテット 探偵と人妻」(漫画:芒其之一)。よろしくお願いします。


ラジオの出演時間まで執筆します。近所の小学校の運動会の練習が最近のBGMです。
何か画像を。


GRⅡでいろいろ試しています。なんかこうくっきりきれいにいい感じに写る気がする。まだ全然使いこなしてないけれど。しかし、オジギソウはちょっと手が当たるとしなしなと葉を閉じてしおれてしまうので(※仕様です)、被写体に向かない。こいつ本当にちゃんと生きていけるのか。一説では虫に食べられるのを防ぐためだとか。日光が大好物のようです。

アカペラヴォーカルグループclearance とのコラボライブStory ×Musicは台風のため中止することになりました。JRが12:00から全面運休なので、帰れなくなるし、致し方ないです。

予定していただいてた方、楽しみにしてくれていた方、ごめんなさい。いろいろ準備したのに残念ー!今回は中止だけども作り上げたコンテンツが消えるわけではないので、また日を改めてリベンジしたい。さらに充実した内容になるはず。ぜひそのときは、また懲りずによろしくお願いします。

明日の台風、たとえ、拍子抜けでもいいので、被害が小さく済みますように。皆さま、お気をつけて。わたしは家に引きこもるべく、スーパーであれこれ買いました。

ところで、ずっと欲しかったカメラを買いました。デジタル一眼レフが重くて持ち歩かなくなり、iPhoneでいいか、と思ってたけど、もう少し雰囲気のある写真を撮りたく、ミラーレス一眼も検討してたのだけど、ミラーレスでも重いよなあと悩んでて、カメラ好きの友人が持ってるリコーのGR2を真似して買いました。その子の写真が好きだったから。

こんなに高いの、よく買うなあと思ってたけど、スナップを映すのが楽しくなる。使わないカメラより気軽に取り出せて楽しく撮れるほうが世界も感性も広がりそう。

雨なので撮るものがない。GRでGRを撮りたくて、ややこしい写真になった。
最近は理系ライターと漫画原作でいっぱいいっぱいになりながらがんばっています。小説家って名乗っていいのかなと思うのだけど、やっぱり名乗るとしたら小説家がいいなって思うの、なんでだろ。どれも小説家をしてたから広がった仕事だからかな。

なにもかもまだまだだ。まだまだなのに、応援してくれたり、仕事を頼んでくれたりする人たちがいて、わたしは書くことを生業にして生きていられる。ありがたいことです。でももう少しだけ、健康を損なわない程度にはのんびりしたいので、スケジュールを考えます…。

お知らせ
脚本・演出担当した映画「京都メロウ〜金魚のこいびと〜」がイオンシネマ京都桂川で11/9から上映決定しました。11/10に舞台挨拶があります。初日の3日間の客入りがその後の上映回数を決めるので、ぜひ、お越しください。時間はわかり次第連絡します。現在クラウドファンディングも行ってます。
原作担当漫画「甘い渇きは君のせい〜こじらせ処女と映画監督〜」の最新話が配信されています。よろしくお願いします。Renta!さんほか電子書店さんでどうぞ。
今日(9/18)の24:00-24:15にラジオ大阪のレギュラー番組クリキャントークにゲスト出演しています。
9/30にコラボライブをするアカペラヴォーカルグループclearance が毎週お届けする楽しい番組です。5人もいて、ゲストもいて、トークが成立するなんで一体どうなっているのか。日頃、ライブで声を合わせているからラジオでもバッチリなのか。
その秘密が知りたい人はぜひお聞きください。

聞き逃した人は、1週間はradikoのタイムフリーで聞くことができますよ。

収録なので家で聞きます。どんな編集になったのか、ドキドキしながら聞きます。聞いてね!そしてライブ来てね!絶対楽しいから!

大阪・京橋の大阪ビジネスパーク内にあるコワーキングスペース「OBPアカデミア」さんで月に1度くらいのペースで2時間のミニ小説講座をしています。

9月はclearanceコラボライブで手いっぱいなのでなしですが、10月は2回やります。1回目は好評だったリピート講座。ストーリーについて。2回目は新たな挑戦なのですが、子ども向けの小説・物語を作ることに挑戦してみたいと思います。
-------------------------

小説家に学ぶ!感情を動かすストーリーの秘密

読んだ人の感情を動かすストーリーとそうでないストーリーの違いはどこにあるのでしょうか?その秘密は意外なところに潜んでいます。この講座ではミニワークを通じて自分の中から本物のストーリーを見つけ出し、伝わる形にする方法を身につけてもらいます。小説を書きたい人だけでなく、プレゼンやマーケティングのヒントにもなる講座です。


2018年10月8日(月)10:00~12:00

定員30名 受講料3,000円 お申込み詳細はこちら

-------------------------

小説家に学ぶ!童話・児童文学を書いてみよう

子供の目と子供の体と子供の心を使って物語をつむぐ児童文学は、実はとても書くのが難しいジャンルです。でも想像力さえ働かせるのをさぼらなければ誰でも取り組むことができます。小説の基本的な技術をお伝えしながら、最終的に、子供が主人公の物語をひとつ仕上げます。講座が終わったらきっと世界の見え方が変わっているはず。


2018年10月28日(日)10:00~12:00

定員30名 受講料3,000円  
申し込みページはまだですが、OBPアカデミアさんかわたしに連絡してもらえば席を確保しておきます。

--------------------------
サイトを通して申し込めない人は、当日受付で現金支払いもできます。その場合、お席を確保しておくので事前に人数をお知らせください。



前回は8/11にやりました。ストーリーの講座。いっぱい来てくれてびっくりでした。小説を書く人だけでなくビジネスに役立つかなということで来てくれた人が半数。ビジネスマンの利用も多いOBPアカデミアさんならではの顔ぶれかも。
大阪では年に1回夏に2日間の集中講義をしていますが、2日間はしんどいなという人は、このシリーズ、ぜひ。小説を書かない人でも読むのがもっと面白くなるはず。

あとOBPアカデミアのコワーキングスペースは本当に良い空間。大阪城を見下ろしながら(!)お仕事できます。大都会のど真ん中なのに緑が見えて。仕事場の下見を兼ねて講座に来てみるのも一興かも。年に365回以上、いろんな講座が開催されています。
ぜひチェックしてみてください。

大人のサードプレイス OBPアカデミア

9月30日(日)12:30-14:15に大阪・寺田町のライブハウスfireloopで、アカペラヴォーカルグループclearanceとコラボライブします。


朗読と歌と音楽と。楽器はひとつも使わない。音楽に盛り上がったり、じっくり物語に耳をすませたり、アカペラの音に包まれたり。あっという間の、でもあまり体験したことのない105分になる予定です。

clearanceの歌はこんな感じです。


これ、全部声だけなんですよね。ヴォイスパーカッションは何回聞いても不思議。ミーティングの途中で、ちょっとやってみよっか?って、なんの設備もなしに音楽がぶわって立ち上がって、なんかもう、魔法みたいだと思いました。

Bass担当の森脇さんの超低音ボイスで、寒竹プロデュースのプチ文学怪談コーナーがありますので、幽宴ファンはぜひ。

わたしは言葉を。clearanceの曲から発想が広がった詩のようなエッセイのようなオリジナルの何かを朗読します。

椅子席です。席は結構たっぷりあるので、お誘いあわせの上ぜひぜひお越しください。入力フォームに書くのめんどくさいけどお取り置きしてほしいという人は、一声かけてね。わたしが入力するから(笑)

ライブハウスのステージ!あがるの!高校生ぶり!対バンとかではなく、がっつり全部コラボですよ。心が広がって楽しい時間になると思います。clearanceは本当にライブがかっこいいのです。ぜひぜひ、会いに来てください。


cleraranceのYOUTUBEチャンネルにもゲスト出演してきました。


新しい挑戦を見に来てください。


小説家寒竹泉美とアカペラヴォーカルグループclearanceによる、
物語と音楽のコラボレーションライブ!!
大阪市・寺田町『Story × Music』


【日時】 2018年9月30日(日)【会場】 寺田町Fireloop http://fireloop.net/ 【時間】 開場12:00/開演12:30【料金】 前売3,000円/当日3,500円(+1ドリンク別途)【出演】 clearance/寒竹泉美 【予約】 http://ow.ly/kUlf30l3u8M  

去年の夏と秋に撮影した映画(脚本・演出担当)を、今年の11月上旬にイオンシネマ京都桂川で上映します。この上映を成功させるためにクラウドファンディングを始めました。良かったら覗いてみてください。予告編も公開しています。

motion gyallery 「京都の魅力を映画を通して広めたい! 長編映画「京都メロウ~金魚のこいびと~」応援サポーター募集」

イオンシネマ京都桂川は2014年にできた新しいピッカピカの大きな映画館です。大阪寄りの京都「向日市」にあります。長岡京の隣です。平安京の前に、10年だけ都があった場所。JR桂川駅直結、阪急「洛西口」から徒歩5分です。大阪の人も京都の人もアクセス抜群!車でもアクセスしやすいです。

まずはここから始めます。イオンシネマ京都桂川の上映を成功させたら、次の展開が見えてきます。

西陣織工房、祇園祭の鯉山、送り火、伏見稲荷、貴船神社、喫茶ソワレ、舞妓さん。京都でしか撮れない映像の数々は、監督の土山久美子とわたしでひとつひとつ思いを話して許可をいただき撮らせていただくことができました。

エキストラやロケ地や協賛などたくさんの人に協力してもらって撮りました。

映画の撮影って本当に大変で、たくさん迷惑かけて、胃がきゅうきゅうすることばかりだけど、よいものができたので、あとはたくさんの人に見てもらえるようがんばることが恩返しかなと思っています。

古い友人は、わたしがクラウドファンディングと映画で嫌な目にあったことを知ってると思いますが、それもあって今回は、作る前にクラウドファンディングはしませんでした。よいものができあがったので、ようやく自信もって応援してくださいと言えます。

リターンもいろいろ考えてみました。

映画を観にいくついでにちょっと応援してやろうという人はぜひ。10月末まで、クラウドファンディングを続けます。

クラウドファンディングはしないけど応援してやろうという人はシェアしてくれるだけでもとてもありがたいです!

今回、小学生の子も楽しかったと言ってくれたので、ぜひ親子連れで見にきて欲しいです。上映前の期間には予告も映画館で流れるそうで。

いやはや、まさかイオンシネマで公開できるとは…。舞台挨拶もある予定です。って舞台挨拶は脚本家はしないか?でも、いくぞ! すでに応援してくださった方、ありがとうございます!