記事一覧

いつも理系の研究の取材が多いですが、「音楽学」の取材をさせてもらいました!実験をする理系の研究と違って、文献や資料を読み解いていく文系の研究の方法論は、小説を書く過程に途中まで似ている気がしました。小説は集めた事実から想像力を使って物語をつむぐけれど、研究は論理を使って世界を築き上げていく。

楽曲がどのように成り立っているか、どう解釈するか、作曲家が何を表現したかったのか、それらを読み解く理論とその理論を考えた人はどんな思想をもっていたのか。1つの曲にドラマが詰まっている。

音楽は演奏されて初めてこの世にあらわれる。遠い昔に亡くなった作曲家と、楽譜を通して演奏家はコミュニケーションをする。演奏家同士もコミュニケーションが必要だ。わたしたちのもとに届けられる演奏は、その解釈とコミュニケーションの結果生まれたものなんだなと思ったら、生演奏というものがいっそういとおしくなった。


3S研究者探訪 #06 西田紘子

芸術と社会のつながりを可視化する「音楽学」の力

─ 「音楽は一つの有機体である」と考えた哲学者の思想を探る ─

音楽は誰にでも届く。言葉がわからなくても。国境も時代も超える。本能的なところに響いていく。生物としての人間にも、社会にも影響を及ぼすことができる。西田先生に音楽とは何かと聞いてみたら「空気や水のように当たり前にある大事なもの」と答えてくれた。

この取材を通して、音楽ってもっと面白いって気づけて、わたしの世界がまた広がった。音楽も面白いけど、研究って面白いな。ぜひ、記事も読んでみてください。

光合成というと水と二酸化炭素と光から酸素とでんぷんを作る反応だと習ったけれど、酸素を作らない光合成生物もたくさんいる。だけど、たまたま酸素を作る光合成生物が現れて、そいつらががんがん酸素を作り、そいつを自分の中に取りこんだ生物が植物として進化していき、酸素を利用するわたしたち動物が進化していって、今の地球がある。

さらに酸素がたくさん作られたことでオゾン層ができて、降り注ぐ有害な紫外線が弱まり、生物は陸上に上がることができた。

地球の生物の歴史を考えたら、酸素をつくり出せたことは、ものすごーく画期的な出来事だった。しかも、水から電子ひっこぬいて酸素作るなんて反応は、危険極まりない芸当なのです。酸素原子さんってば、ナイフのようにとがっては、触るものみな傷つけてしまうのだもの!

酸素を作る光合成細菌「ラン藻(シアノバクテリア)」がどうやって光合成を行っているのか、世界中の研究者が一生懸命調べていた長年の謎を、ひとつひとつナノレベルの観測で解き明かしていく過程を取材しました。

撮影は大島拓也さんにお願いしました。写真も研究室もかっこいいので、ぜひ、記事もご覧ください。


緊急事態の合間だったので、久しぶりの対面取材でした。実験室の様子はオンラインではなかなか見せてもらうことができないので、対面取材できてよかったです。

広々している岡山大学。

取材後は、岡山に住む父母とランチしました。

特選定食。1380円。

ブログにUPするのが遅くなりましたが、2021年7月に発売された「別冊Newton 近畿大学大解剖 vol.2」のなかの5つの記事を取材・執筆しました。ユニークでパワフルな近畿大学の理系の研究室にスポットをあてた特集です。


近畿大学のキャンパスは大阪、奈良、和歌山、広島、福岡にあるのですが、コロナ禍の中、取材は全部オンラインでした。研究室訪問したかったな。まあ、たぶん訪問してたら5つも記事書けなかっただろうけれど・・・。

近畿大学志望の理系受験生にはぜひ読んで欲しいし、そうじゃなくても理系の研究室でどんなことが行われているのかを知るのに面白い1冊だと思います。

<担当した記事>

七つの世界初をなしとげた「はやぶさ2」のカプセル帰還―岩だらけのリュウグウに2回の着陸を成功させるー 道上達弘 教授(工学部)

小惑星探査機はやぶさが送ってくる画像を解析して地形を把握し、安全な着陸場所を見つけるというプロジェクト。1に続いて2も道上先生が担当。


COVID-19重症化リスク因子を探るー呼吸状態が悪化するとき、肺の奥では何が起きているのかー 藤田貢 准教授(医学部)

肺の体液を採取して重症化因子を探す。呼吸器内科との連携プロジェクトをいち早くスタート。


iPS細胞から人工臓器をつくるー動物の体内や実験室でつくった臓器を安全に移植する方法ー 岡村大治 講師(農学部

iPS細胞から臓器をつくって移植するためには、がん化する細胞を取り除いたり、動物細胞と混じらないようにしないといけない。その技術を研究。


裁量工学からアプローチする超循環型未来ー空気から電気を生み出し二酸化炭素からエネルギーをつくりだすー 湯浅雅賀 准教授(産業理工学部)

プラス極の役割を空気が担う空気電池は現在は小型で大容量の電池をつくることができるが、現在はまだ充電ができない。充電できる空気電気の開発を目指す研究。


ウイルスから植物を守るー最新技術で農作物の被害を防ぎ、人々の食と暮らしに貢献するー 細川宗孝 教授(農学部)小枝壮太 准教授(農学部)

植物もウイルスに感染する。しかも挿し木で増える植物は一度感染したら取り除くことができない。どうやって守るかという研究。


簡単な紹介ですが、どれも本当に面白い研究でした。続きは「別冊Newton 近畿大学大解剖 vol.2」で。


講談社の月刊コミック誌「アフタヌーン」で4月から新連載が始まった漫画『Q、恋ってなんですか』(Fiok Lee・著)をちょこっとお手伝いしています。宇宙人と一緒に地球の生物のさまざまな愛の形を追いかけていくストーリー。その生物の生態に関するファクトチェックなどを担当させていただいています。

漫画に携われて幸せ。

「協力」として名前も載せてもらっているので、ぜひ本誌をチェックしてみてください。たんたんと進む不思議な雰囲気の物語です。恋なんて興味がないという人に、ぜひ読んでほしい。あと生物好きも。

略して『Q恋』。連載がたくさん続いてたくさんの人に読まれますよう!応援お願いします!

世界最大級の大型放射光施設SPring-8の広報誌「SPring-8 NEWS」103号は、考古学! SPring-8というのは実験施設なので、それを使って何を研究するかは本当にいろいろ。子どものころは、社会科の勉強が苦手で興味をもてなかったのだけど、改めて世界史を紐解くと本当に面白い。

取材したのは岡山市立オリエント美術館の学芸員の四角隆二さんの研究。考古美術品として博物館や美術館に保管されているものの多くは、盗品由来で、ルーツをたどることができない。かといって、破壊して中を調べるわけにもいかない。SPring-8で破壊することなく中の構造を見ることで、どのように作られたかということだけでなく、当時の社会の在り方も見えてくる。

考古学で人類の歴史のピースが埋まって、わたしたちがどう生きてきたかが見えてくる。ダーウィンの進化論の視点から人間を眺めると、また違った捉え方ができるように、人間になってからのヒトの歩みを知ると、大きな見方ができるようになる。今も昔も変わらないんだなという、驕りを手放した心地よいあきらめの中から、新しいヒントが見えてくるような気がする。

高校生のわたしに「世界史も面白いよ?」って力説したいな。でもそうしたら理系の道に進んでいなくて、別の人生を歩んでいたかもしれない。

よかったら読んでみてください。

考古美術品の失われた過去をSPring-8で取り戻す~バイメタル剣から見えた鉄器時代移行期の鉄利用~

PDFのダウンロードはこちら。バックナンバーはこちら

稲盛財団の公式サイトのコンテンツ作成のお手伝いを、チーム・パスカルのメンバーでさせていただきました。

稲盛財団は京セラ名誉会長の稲盛和夫氏によって設立された公益財団法人で、研究助成や社会啓発などを行っています。これまでにもたくさんの研究者が助成を受け、数々の成果が生み出されてきました。そんな稲盛研究助成を受けた研究者から構成される「盛和スカラーズソサエティ(Seiwa Scholars Society)」。略して3S。

そんな3S研究者の活躍を紹介するのが新連載「3S研究者探訪」です。

わたしの担当は東北大学金属材料研究所の梅津理恵教授。金研は、以前、高梨弘毅先生を取材させてもらったことがあって、そのときは仙台駅でお寿司と牛タンとずんだシェイクを堪能した(※ひとりで)のですが、今回はコロナ禍ということでZOOM取材で残念。

でも、梅津先生のキラッキラなパワーがオンライン越しでもがんがん伝わってきて、とても元気をもらいました。

研究内容は難しいけれど、実際に実験をしている梅津先生の口から語られると、わくわくして世界が広がっていく。その興奮や魅力を少しでも記事で伝えられていたら幸いです。

3S研究者探訪 #01 梅津理恵

デバイス革命の鍵を握るハーフメタルの電子を視る
─理論と応用の間をつなぐ基礎研究の底力─


※今回3つの記事が同時にアップされました。ほかの2つの記事はパスカルの大先輩の大越さんと竹林さんが担当。とても面白いのでぜひ。


3S研究者探訪 #02 西浦博 (大越さん担当)

数理モデルで新型コロナの流行を分析、感染症との戦いの最前線
─人々の行動変容までを関数に入れた感染症モデル化の試み─


3S研究者探訪 #03 赤石大輔 (竹林さん担当)

共に学び、未来を創る
─ 芦生の森と美山の里をつなぐ新たな研究アプローチ ─


地球上で最も強い毒は、細菌が作る毒素。生命の機能を担う分子にクリティカルに特異的に攻撃をしかける細菌毒素の謎を追いかけ続ける大阪大学微生物病研究所の堀口安彦教授にインタビューしました。

予習をしようと思って先生のHPの研究内容を見たら「細菌毒素が好きだ」って愛の告白が書いてあった。取材したらわたしも好きになりました。

細菌毒素、謎に高機能なんですよ!細菌本体から離れて、ターゲットを追撃して、たどり着いて、的確に効果を発揮する機能を、タンパク質である毒素が全部持っている。生体の分子にぴたっとはまって、機能をおかしくする。

しかも、毒素は細菌の生活環と関係ない。むしろ宿主が死んだら自分も死んで損するし、下痢とか起こされたら追い出されるし。誰の得にもならないのに!なぜ高機能なのか。なんのために存在してるのか。どうやって進化したのか。謎だらけ。

ジョジョで言えば(わからない人ごめん)遠隔自動操縦型スタンドなんです。本体を殺しても残り続ける。かっこいいわ。みなさんコロナも怖いけど、食中毒にも気をつけましょうね。

というわけで、地球上最凶毒の細菌毒素について知りたい方はぜひ、どうぞ。1グラムで500万人殺せるとか。すごすぎて笑っちゃう。

「細菌毒素はなぜ病気を引き起こすのか~ターゲットを追尾して攻撃する多機能分子の正体に迫る~」大阪大学微生物学病研究所 堀口安彦 教授

(撮影:大島拓也さん

国立大学付属研究所の研究者インタビューシリーズで、昨年の12月に京都大学こころの未来研究センター 河合俊雄教授を取材させていただきました。

めずらしい文系の研究のお仕事。でももう文系も理系も関係ないかもしれない。社会の在り方をも反映するこころ。研究者・心理療法家の河合教授から見た現代人のこころの特徴とは。いろいろな人に関係のある話だと思います。よかったら、ぜひ読んでみてください。

↓記事はこちら
臨床心理学でこころの最前線を追いかける
時代とともに移り変わるこころの姿 

(河合俊雄教授インタビュー)

とても興味のある分野だったので、インタビューできて嬉しかったです。

ちなみに記事中の「箱庭」、わたしが作りました。先生が好きに使って撮影していいよって言ってくれたので、作ってみた。作ったあとでネットとかで解釈や作成例などを調べたら、もっとみんなごちゃごちゃと楽しそうな世界を作っていた。

空っぽの椅子が3つ並んでるの、何よ。

正面向いてにらんでるウサギちゃんは何と戦ってるのよ。

気になる。楽しかった。箱庭もっとしたい。家に欲しい。でもこの大量のおもちゃをそろえるのが大変そうだ。

こころも人間も脳も社会も、本当に不思議で面白い。自分ともっと仲良くなりたいな。

2月27-28に東京で開催する予定だった小説講座「自分を主人公にした物語を書く」は、緊急宣言事態中のため、大学の判断で中止になりました。申し込んでいただいていた30名以上の方々、すみません。お会いできずに残念です。

京都芸術大学(元・京都造形芸術大学)が主催する社会人のための藝術学舎で、毎年春(東京)と夏(大阪)で2日間集中講座をもたせてもらっていますが、今回中止になった講座はまた来年の春の同じ時期くらいに東京で開催したいと思います。

大阪では同じ内容を行うことは決まっていましたが、こちらは7月3-4日に開催します。今のところ対面の予定で、募集は5月のGW明けくらいに始まると思いますが、ここに予告しておきます!

--------------------------------------------------------------------------

◆到達目標と講座概要

小説の書き方を身につける

小説を書いてみたい人や既に書いているけどもっとうまくなりたい人に、伝えたいことは山程ありますが、限られた時間で役に立つ気づきを持って帰ってもらうために、今回は「自分を主人公にして物語を書く」ことに挑戦します。自分なんて主人公にならないよ……と思った人にこそ受けてもらいたい講座です。小説の書き方にまつわる勘違いを正しつつ、恥ずかしくて難しくて楽しい小説執筆の醍醐味を体感してもらう2日間です。

スケジュール

7/3(土)13:20~17:40

小説の描写の基本的な技術をミニワークを重ねながら学んでいきます。

13:20-14:40 人物を描写する

14:50-16:10 気持ちを描写する

16:20-17:40 出来事を描写する


7/4(日)09:30~17:40

実際に小説を書いてフィクションの面白さと奥深さを体感していきます。

09:30-10:50 自分の体験を三人称の小説にしてみる

11:00-12:20 自分の体験を一人称の小説にしてみる

13:20-14:40 フィクションの効能について

14:50-16:10 ストーリーの育て方

16:20-17:00 小説を書く・読む

17:00-17:40 試験(成績評価を希望する方のみ)

--------------------------------------------------------------

最近、小説の書き方のアドバイスを伝えるYouTubeチャンネルを始めたのですが、役に立ったというコメントをもらったりして、ちょっと嬉しい。まだまだ小説家として修業中だけど、わたしが今わかっていることを伝えたら喜んでくれる人がいる。幸いにも、伝える力があるので、できるだけお役に立てたらなあ、なんて思う。

とはいえ、講座を作るのはめっちゃくちゃしんどくて!(笑)こういう機会でもないとできませんが。過去に作った講座のZOOM開催をやってもいいなあと思うのだけど、まあともかく、日々に追われてなかなかね…。自分も書かないといけないしね…。

物語をつむぐこと、文章を書くこと、自分の心を見つめること。どれも自分らしく生きるために大事な技術だと思うので、ちょっとずつできる範囲でやっていきたいと思います。ときには一生懸命やったつもりでも、恨まれたり脅迫されたり(笑)するのだけども。それはまあ、どの職業でもあることだなと納得することにしました。医師でも教師でもカウンセラーでも店員でも警察でも弁護士でも、人と密接にかかわる仕事は傷つけられることは避けられない。自分の身をしっかり守りながら、喜んでくれる人の方だけ見ていこうと思います。

ところで、あっという間に埋まってしまったのでHPで告知する間がなかったのですが、現在「インタビューライター講座」をZOOMでやっています。少人数限定で。3回に分けて。書いたもののフィードバックもしながら。

まったくの未経験だと、なかなか仕事としては始められないインタビューライター。講座でひととおり学んで自信をつけてもらって、いきなりは仕事はできないけど、身近な人にインタビューして記事を公開していけば「この人なら任せられる」と思ってくれる人に出会えるのではないかなと思っています。

これの第2期を開催します。4月に。4/16,30,5/21の3回セット。10:00-12:00の予定で限定6人です。内容については第1期の告知をご覧ください。講座の開催の募集開始の案内は、まず一番に公式LINEにお届けします。早く知りたいという人は、こちらから登録してくださいね。

講座では、受講してくれた方々の感性にこちらがいつもハッとさせられる。引き出したい。伝えてほしいといつも思う。

講座といえば、宣伝会議 編集・ライター養成講座 21冬大阪教室で講師します。3月6日に。たくさんの講師が出てくる中の1つなんだけども、単発では受けられませんが。途中入校もできるそうです。かなり充実したカリキュラムでがっつり実践的に鍛えられるだろうなあ。わたしは感情を使って描写をする方法をお伝えします。ライターの表現の枠がぐんと広がります。お会いできる人、もしここ見てたら、よろしくお願いします。

藝術学舎で使った写真は去年の2月に撮ってもらったやつなんだけど、これ夏に使いまわしたら暑苦しいね…。


photo:sayoco

世界最大級の大型放射光施設SPring-8は大学などの研究機関だけでなく、企業の研究者も利用しています。103号は住友電工研究開発本部の久保優吾さんにインタビューさせていただきました。

住友電工さんは電線や工業用部品や半導体など、わたしたちが便利に使っているものの基礎となる技術を支えている会社。新しい技術が日々生まれて画期的な製品が世に送り出されていますが、生み出した新技術を使ってもらうためには、どんなメカニズムで成り立っているかまで説明することや、研究データによってしっかりとした裏付けをとることが必要になります。

そこでSPting-8の出番というわけです!

住友電工さんの新技術、車のモーターなど摩耗が激しい部分にも使えるはがれにくいフッ素加工のメカニズムをSPring-8で解明しました。


SPring-8 NEWS 102号

高機能フッ素樹脂コーティングの密着性向上メカニズムに迫る

~SPring-8を使った解析で製品の信頼を後押しする~

(PDF版はこちら


当たり前のように使ってる便利な製品も、企業の研究者たちが試行錯誤して生み出してくれたものだなあと思うと、世界がまた変わって見える。


国立大学付属研究所の研究者インタビューシリーズで大阪大学接合研究所レーザープロセス学分野の塚本雅裕教授を取材しました。

接合とはつなぎ合わせること。材料と材料をつなぐ技術がないと、ものづくりは成り立たない。そんなことを言われないと気づかないほど、わたしはもう身の回りにある生産品を何も考えずに当たり前のように使っている。

塚本教授は世界で初めて銅の加工ができる青色レーザーを実用化した実績をもつ。産業用レーザーの開発は日本のものづくりを支える重要なミッション。産官学が力を合わせなくてはやりとげられない。塚本教授は、研究室とものづくりの現場と政治の部屋をパワフルに駆け回り、次々とプロジェクトを実現させていくのです。

話を聞きながら、そのパワフルさに圧倒された。そして元気になった。全部の細胞が活性化して生きてるって感じ。道なき道を切り開いている感じ。その熱量の一部でもお届けできていたら嬉しいです。


日本の次世代のものづくりを支える、高性能な青色レーザー
大阪大学接合科学研究所 塚本雅裕 教授

コロナ自粛明け、ひさびさの対面取材をさせてもらった記事が公開されました。


東京大学先端科学技術センター 研究者紹介フロントランナー

011:並木重宏 准教授

生物学の研究者であり、難病による車いすユーザーである並木先生は、病気や障害を抱えている人がアカデミアで活躍できるような環境を目指して、さまざまな活動・研究を行っています。

研究者を取材させてもらうといつも、研究内容以上に、研究者その人に魅了されるのだけど、今回も静かに心が震える忘れられない取材になりました。日本では障害をもつ人が研究できる支援はほとんど手つかずの状態。そこに当事者として道を切り開いていこうとしている並木先生の穏やかな笑顔を見ながら、世界の進化の始まりの段階に立ち会っているような気がしました。

ひとりの人ができることには限りがあるけれど、同じ未来を夢見た人たちが、想いをつなげていく。

記事を見た人の心に少しでも何かを届けることができれば、わたしもバトンの担い手になれるのかな。取材させてもらって感じたことや考えたことを、物語にもこめていきたい。

ひとつひとつ、魂こめて丁寧に誠実に仕事をしようと思いました。